\
 
G1019:ビアマグ
サイズ: 口径7cm 高さ11.5cm 
年代 1920年代
プライス: SOLD
昔からイギリス貴族の間で狩りは一種のスポーツ、貴族の嗜みとまで言われていました。
そんな狩りの風景をグラスに描いたシリーズのひとつです。
色んなシーンを描いたグラスセットだったのですが、これは当店では最後の一個です。
またいつか、出会いがあるかもしれませんね♪
狩りの当日は男性だけの社交の場の雰囲気もあるので、狩りが終わった後はグラス片手に武勇伝で
盛り上がったことでしょう...............
きっと、そんな席で使われたのでは.......と、歴史の一こまを思い浮かべながらご愛用ください♪

グラスを囲むように狩りの風景が描かれていますが、残念ながら騎手の胸の部分、持ち手の周りの木々の部分が
剥げています。しかし、鞭を持つ騎手、獲物を追う二匹の猟犬の躍動感は見事なタッチで描かれています。
また、アンバーガラス(琥珀色)の持ち手がとても素敵ですよ♪

Close